■豆知識情報:初期費用として家賃の半年分程度は用意

対応の悪い不動産屋で賃貸探しをしてしまうと、物件が見つかったとしてもアフターケアを疎かにされてしまう可能性があります。
親身になって一緒に探してくれて、様々なトラブルの相談にのってくれる不動産屋で賃貸探しをするようにしましょう。 もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合、家賃以外にも管理費や共益費がかかってくるので無理して高額な家賃の物件を選んではいけません。

 

賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
このような、諸々の費用を全て把握し初期費用として家賃の6ヶ月分は準備をしておくと良いでしょう。部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃は、一般的には月収の3分の1程度とされており、それ以上ですと経済的に大変になってしまいます。



■豆知識情報:初期費用として家賃の半年分程度は用意ブログ:21年11月24日

休みの日に早めに目が覚めてしまい、
今日は遅くてもいいということで、二度寝をする…
これって、ある意味至福の瞬間といえますよね?

しかし、二度寝というのは、
ダイエットにとっては逆効果になってしまう恐れがあるので、
要注意なんです!

ダイエットをする上で、
絶対に忘れてはならない基本があります。

それは、規則正しい生活を送ることです。

つまり
6時きちんと起きて、6時食を食べる。
続いて、
午後になったら午後食を食べ、
よるになったら夕食を食べる。
そして
できるだけ夜更かしをしないということが
効率的にダイエット効果を引き出すことになるわけです。

二度寝というのは、
一旦起きようとしてやめることを意味します。
すると、体質の中のリズムが微妙に狂ってしまうんですね!

あたくしたちの体質というのは、
6時、太陽を浴びることによって活動的になります。

そして6時食をとることで、体質の中にエネルギーを入れ、
体温が上がり始めて、体質を動かす土壌が整います。

ところが二度寝をすることで
体質の中のリズムが狂ってしまうと、
同じ運動をしていても、なかなか自分の力を
フルに生かすことができなくなってしまうんです。

代謝についても、同様のことが言えます。

不規則な生活をしていたり、
運動の中のタイミングが狂ってしまった状態だと、
基礎代謝の力も落ちてしまうといわれています。

ということは、
消費させるカロリーの量も少なくなり、
ダイエットのペースが遅れてしまうのです。

なので、
ダイエットをしている間は、
規則正しい生活を送ることが、何よりも大切なのです!


このページの先頭へ戻る