■豆知識情報:初期費用として家賃の半年分程度は用意

対応の悪い不動産屋で賃貸探しをしてしまうと、物件が見つかったとしてもアフターケアを疎かにされてしまう可能性があります。
親身になって一緒に探してくれて、様々なトラブルの相談にのってくれる不動産屋で賃貸探しをするようにしましょう。 もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合、家賃以外にも管理費や共益費がかかってくるので無理して高額な家賃の物件を選んではいけません。

 

賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
このような、諸々の費用を全て把握し初期費用として家賃の6ヶ月分は準備をしておくと良いでしょう。部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃は、一般的には月収の3分の1程度とされており、それ以上ですと経済的に大変になってしまいます。



■豆知識情報:初期費用として家賃の半年分程度は用意ブログ:21年04月07日

シェイプアップ中は
カロリーコントロールが大切なのは十分わかっています。
でも我慢ばかりではストレスが溜まり、
逆に過食に走ってしまうことにもなりかねません。

チーズケーキやチョコなど…
たまには、甘いものも食べてみたいですよね!

おやつや果物は
確かにカロリーが高いものが多いですが
食べ過ぎなければ、それなりのプラス要因もあります。

一番は何といっても美味しいと感じること。
この感覚はストレス解消にも役立ち、自律神経の乱れを調整し、
ひいてはシェイプアップにも役立ちます。

また
おやつなどに含まれる糖質は、
脳の唯一のエネルギー源なので、
アメなどはうまく利用すると、シェイプアップに有効です。

どうせおやつを食べるなら、
なるべく太りにくい時間帯に食べましょう!

午前中は今日一日のエネルギーを使い始める時ですから
多少カロリーを摂っても
これからどんどんカロリーを消費すればよいわけです。

昔から職人さんが、
午前AM10時と午後3時に決まって
一服の時間をとっていたのは、
甘いものなどで糖質を摂って、これからの作業に向けて、
エネルギー源をしっかりと確保するためなんですよね!

逆を言えば、カロリーを消費する前は、
多少カロリーを摂っても大丈夫ということ。

要するに、19時寝る前の間食は最悪ということです。

そして、
おやつは美味しいものを、少しだけ食べるようにしましょう。
せっかく買ってきたおやつがあまり美味しくなくても、
もったいないから全部食べきってしまおうなどと思わないこと!

美味しいおやつをちょっとだけ、
ゆったりとした気分で楽しみましょう!
そうした間食なら、こころの安らぎにも好影響を与え、
シェイプアップの邪魔にもなりません!



このページの先頭へ戻る